秩父宮杯(2017)走ってきた

秩父宮杯走ってきました。

台風の接近に伴い前夜から降り続く雨と体調不良。。正直1人ならDNSも考えたけど、チーム戦の要素もあり、面子が欠けてしまうと成り立たなくなることから行っておくことに。今回はUnityからザキさん、山倉くんと俺の3人で挑む。

過去のリザルトからある程度想像はしていたが、予想通りきついレースだった。

天候悪すぎ問題のため、写真はないw

自分へのメモ書き程度に書いておくと、このレース、駐車場・受付場所とスタート会場が離れているので注意が必要だ。

受付は「秩父ミューズパーク」という山の上の公園みたいなところなのだが、この公園がやたらでかくてどこなのか迷う事態に。

駐車場は敷地内にたくさんありますが、「展望台駐車場」を目指して下さいw

スタート位置である秩父駅までは15分移動時間を見ておけば余裕はあるだろう。


正式名:第65回秩父宮杯埼玉県自転車道路競走大会

リザルト:エリート 39位/64人(60.9%) 1:45:38 TOP+06:23(S)

Ave:36.81km/h 公式リザルト

日程:2017年9月17日

天候:雨

コース:秩父駅前からパレードラン+10.8km周回コース

距離:パレードラン5.8km+10.8km周回コース×5周+4.7km=64.5km※

注)台風接近に伴う雨のため、周回数は1周減となっています。

コースは1周10.8キロの公道を使ったロードレース。下の部分がパレードランで、270号からゴールの小学校までが登り~下りの区間。

登りは2か所あって、1つは3分ちょい、もうひとつは1分かからない程度のもの。連続しているのでしんどい。平坦区間が意外と長いので工夫の仕方によっては休めるコースだ。

1.レースレポート

8月はレスト期間に充てたため、9月から練習を再開する。2週間位まったく乗らない期間があったので、元の状態に戻っているかどうか怪しい、というコンディションである。

まず会場について一言、寒い。山の上で受付準備してスタート位置である駅まで移動するのだが、このダウンヒルがさっそく地獄。寒すぎてハンドルが震える。西野カナでも止めてくるレベル。

サインしてスタートするまで駅前でしばらく待機する。一刻も早く始まってほしい。

そんな空気を察してか定刻よりやや早くパレードランがスタート。あれ、山倉君がいない?(その後諸事情により山倉くんのDNSが発覚。)

パレードランがやたら速い。橋を登っていくのだが中切れするレベルで速い。ウォームアップという意味では体が温まるからいいけど。

ちょっとした小山を登って降りてスタート位置である坂の手前に停車。もちろんこの雨、観客などいない。数分すると雨の中やんわりとレースが始まった。

平坦を少し走ったあとに3分5.5倍くらいの登りから始まる。いきなりキツイ。坂で先頭集団から人がどんどん千切れていく。

なんとか集団後方の密度が薄いところで着いていき最初のダウンヒル。雨でどの位滑るのか読めないので慎重に走る。下ってからの登り返しで集団が強烈に縦に伸びている。先程の登りのダメージが残っておりここもだいぶきつい。前を見ると既に先頭集団から中切れが発生していて焦る。

2回目の坂を下ると先頭集団から30m位離れた状況になる。近くにいた人と2人で追走する。微妙な距離ながら埋まりそうで埋まらない。1周目で終わるとかまじで勘弁である。

集団は45km~50km位で巡航しているので、必死に踏むがこの差がなかなか埋まらず等間隔のまま推移する。あわや終戦か、というところで後ろからザキさんら含む5人くらいの集団が合流。

ローテを回してなんとか集団復帰に成功する。あぶねえ。。いきなりレースが終わるところだった。

その後の平坦区間で集団で休みたいところだが、体調不良の影響か心肺を落ち着かせることができず苦しいまま。回復しきらないまま2周目の登坂区間へ入る。

ここも遅れつつ食らいついていき集団後方でなんとかしのぐ。先程と同じようにプチ中切れから平坦で集団復帰する苦しい走り。これを繰り返していては絶対に保たない予感がする。

案の定3周目の登りで心肺が限界近くなり、その後の登り返しの前で中切れを埋めるのに脚を完全に使い切ってしまう。後ろからザキさんら含む数人を発射して千切れる。その後このグループは無事集団に追いついたようだった。

変に無理してまで脚を使うんじゃなかった。とは言えこの体調と悪天候、、もう千切れたから意味ないしレース降りるか、と思いながら淡々と走っていると人が増えていき、いつの間にかグルペットぽい集団になる。

せっかくここまで来たし、周りの人にも悪いし、練習ボリューム稼げないからせめて完走はしておくか、と徐々に気持ちを切り替えてペース走モードに入る。

確かサイタマ、湾岸、フィッテな方なんかと一緒だったと思う。徐々に増えていき湾岸の人が3人位に、高校生なんかも合流して最大7,8人くらいになったかな。

ローテの時にペースの上げ下げがある人がいて、少ししんどかった。その場合ゆっくり前に出てなるべくペースが一定になるように走る。こういうのを経験するのもいい機会だった。

坂では脚に差が出てしまうので、遅い人に合わせつつ淡々と。ラスト2周の坂で高校生がペース上げるので、なんとなく頑張って着いていく。

抜け出すが平坦でまた集団に戻るという無意味な走りをする。このままゴールまで淡々と走るだけだと練習にならないので、逃げ集団からのアタックと仮定して最後の坂だけしっかり上げてみる。そのままグルペットから抜け出してゴール。

ザキさんが先頭集団にラスト1周まで食らいついたようでいい走りでした。同じペースで登坂繰り返せるのは強いなあ。

2.反省

グルペットにいてもなかなかにキツかった。帰りの駐車場までに山1つ越えて再度公園まで登るのもしんどかった。

天気が良ければロードレースとしては最高のコースだと思う。下りもスピードが出るし、平坦もよく流れる。

反省としてはコンディションがダメすぎて書くようなレベルではないけど、その中で坂の前で位置を上げることができなかったのはまずかった。

この状態では遅れながら登るという工夫をしないと坂で着いていくことすらしんどい。ただ、その前の平坦区間で前に上る余裕は無かったわけだけど。

3.観光

レース後に観光する余裕もなく秩父駅の近くの定食屋、「パリー食堂」で飯食って帰る。文化財的な建物らしい。

ピカさん、ザキさんと一緒に反省しながら。年齢が近いこのオッサン3人。最近回復しないよね、という話で盛り上がる。

近所なら飲み会でも始めたい勢いだが回復と片付けのためにささっと帰宅。

頼んだのはごく普通のカツ丼だった。写真は撮り忘れたw味は普通だった。

店内で我が物顔の猫。新聞の上とか好きだよね。

次は前橋クリテリウム。ジャパンカップに向けて徐々に上げていこう。

← 過去の投稿へ

次の投稿へ →

コメントを残す